So-net無料ブログ作成
検索選択

ボトルクリッパー

ボトルクリッパーはワイヤーやチェーンなどの金属を切断するために使います。
日曜大工をされる方にとっては便利なものだと思います。
木材はのこぎりで切断できますが、金属は専用のものが必要になります。
金属を切断するのに役に立つのがボトルクリッパーです。

線材を切断するときにボトルクリッパーを使えば、切断箇所が曲がることなく、切り口がきれいな切断ができますよ。
また、ボトルクリッパーは防災用品の一つでもあるんですよ。
主に、日曜大工や仕事などでボトルクリッパーを購入される方が多いようです。
Amazonでは、全国へ配送料無料で購入できます。ご購入は、Amazonがおすすめです。

 

日曜大工やお仕事で購入する方が多いボトルクリッパー。
ボトルクリッパーはチェーンなどの金属やワイヤーなどの線材を切断するときに使われます。

ほかにも線材棒鋼、硬銅線などの切断に使われています。
特に金属の切断は、日曜大工など自宅で行うとなると簡単ではありません。
切断の際、切り口が曲がった状態になっていたり、変にとがったりしてしまう場合が多いかと思います。

ボトルクリッパーは、大きく分けると刃とハンドルからなっています。
ボトルクリッパーはメーカーによってその機構は多少ちがいますが、原則的には、テコの作用を2段に応用したものです。ハンドル末端に加えた力が、切断部の刃先では、呼び寸法により20倍から50倍の力となり、線材などを簡単に、しかも少ない力で切断する、といった原理になります。
なので、力が弱い方や女性の方でもボルトクリッパーを簡単に使えますよ。

線材や棒鋼などを切断するには、刃やハンドルに大きな力がかかるので、全体に頑丈にできています。
刃は、炭素工具鋼かバネ鋼を使用し、ハンドルは機械構造用炭素鋼鋼管と鍛造品の組合わせが一般的で、他にダクタイル鋳鉄、アルミニュームのものもあります。

ボトルクリッパーは金属の加工が必要となるシーンで役立つので、自動車バイク自転車などの修理・整備・メンテナンスを請け負われている業者で働く方や、また日曜大工で車やバイクのメンテナンスを自分でする方にもお使いいただけます。
板金分野・パーツ製造分野に至るまで幅広くご利用いただけるアイテムなので、自宅で何か作ったり修理をするという方は購入を考えてみてはいかがでしょうか。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。